パワーとスピード

2016/11/21

「あの選手はパワーがあって、スピードも速い」

こんな言葉を聞いたことってありませんか?

 

でも実はこれっておかしいんです。

 

それはなぜかというと、「パワー」というのは「スピード」の要素も入っているからなんです。

 

「仕事」は力×距離で表され、言葉に例えると「50㎏の物を3m動かす」となります。ですが、スピードは考慮されていないので、10秒で動かそうが、1時間で動かそうが、同じ仕事量です。

 

それに対して「パワー」は力×速度で表され、言葉に例えると「50㎏の物を秒速3mで動かす」となります。

速度=距離÷時間なので、パワー=力×距離÷時間となり、

仕事=力×距離なので、パワー=仕事÷時間となります。

よって、パワーというのは、1秒あたりにどれだけの仕事が行えるかという「仕事率」を表しています。

 

 

ですので、スピードが速ければパワーは高くなると言うことができ、サッカーや野球などのスポーツを行う上ではスピードを高めていくことがとても重要と言えますね。

 

ページトップ